2009年10月7日 のアーカイブ

天童への小旅行2日目(もるご?)

2009年10月7日 水曜日

天童といえば、天童木工ということで、本社・工場に併設されたショールームを見学しました。

天童木工の事を知ったのは高校生の頃、学校帰りにディーラーでもらってきた初代ホンダレジェンドのカタログの中にあったコンソール周りの木目パネルについての説明を見たときです。そこには、天童木工製の本木目のパネルをセンターコンソール等に使用、みたいな記述があって、かっこいいなぁと思ったのを覚えてます。木目にかっこよさを感じたのはこれが初めてだったと思います。Prophet 5の写真とかを見たときに、なぜ木目?とか思っていましたから。

ショールームにはほかに人がいなくてゆっくり見て回りました。工場とつながっているのか、制作途中(試作途中?)らしい未塗装のテーブルを抱えて移動する人とすれ違いました。

天童木工の次は、寒河江の慈恩寺を観に行きました。大して距離がないはずなのにカーナビに従ったら高速の入り口に向かってしまったので、ルートを設定し直して一般道で向かいました。昨日から思ったようにルートを設定できなくて同じ道を何度も行き来してます。

今度は問題なく、慈恩寺に着きました。三重塔の脇に歌を詠んだ石碑が建っていて、その横にその歌に書かれた歌をわかりやすく単体で書かれた碑がありました。

慈恩寺三重塔石碑(単体)

もるご?、としやま?、としやまふ??? 「ひねもす」みたいなもの?と思って横にある大きい方の碑を見ました。

慈恩寺三重塔石碑(連綿)

「…わざをもるごとし、やまふところに…」だったんですね。せっかくわかりやすいように単体の碑があるのに改行位置が悪すぎ。同じように悩む人多いんじゃないかなぁ。

本堂などをゆっくりとみてまわってから(というかお話を聞いたら思った以上に長くなってしまったため)近くで昼食にして、帰途につきました。

途中雨が激しい区間もありましたが、レンタカーを返却して新幹線に乗る時も、地元の駅で降りてからも雨に降られることはなく、無事に帰り着きました。