‘デジタルビデオ’ カテゴリーのアーカイブ

DVD一式を発送。DVD制作が終了

2010年3月31日 水曜日

DVD-Rの内容を再確認してからトールケースに入れる作業を慎重に進めて、お昼過ぎまでに終えました。

丁寧に梱包をして必要な書類を同梱して夕方に発送に出かけました。少しでも速い方がいいかと思い、少し遠い(といっても10分違う位ですが)ところで手続きをしようと思ったのですが、荷札を発行する端末が再起動中で、しばらく待った後、結局今日は端末が故障中で使用できないことが分かったので、一番近い取扱所へ急いで移動して発送しました。

昨年7月末のサンプル版の制作から何だかんだと9ヶ月ほど(正式な発注からでも5ヶ月ほど)デジタルビデオの編集とかDVD関連の事を試行錯誤しながらいろいろしてきました。MPEG-2へのエンコーディングなどとても大変な事もありましたが、どうにか納品までこぎ着けることができました。

以前から実際に運用してみたかったTracを使ってのプロジェクト管理ができたり、Final Cut ProMotion等のデジタルビデオ関連のソフトでのフォントの扱われ方とか画面上での見え方が少しずつ見えてきたりしたので、いい経験になりました。

いくつかはまったことがあったので、機会を見てまとめができればと思います。

DVDのトールケースのデザイン

2010年3月30日 火曜日

午前中に届いた、家電のリコールの案内文の頭語が「僅啓」でした。これって「謹啓」の間違えだと思うんですけれど。こういう言葉ってあるんでしょうか? それとも僅かに申し上げますって事?

今日は、DVDを入れるトールケースのスリーブのデザインをしました。

夜までには形になるまでまとめることができたので、明日にはどうにかパッケージ一式が完成しそうです。

Webサイトのwwwの有無。http://とhttps://

2010年3月28日 日曜日

レーベル面のデザインを進めました。

先日出版イベントに参加した『欧文組版』に関連してのTweetに反応しました。

『欧文組版』のp.138にある

HPアドレスの場合は、何もつけないでいきなりhttpやwwwから始めることも、wwwもつけないことがあります。

の部分なんですけれど、@kzhrさんが指摘したとおり、「www」に関しては、組版の時点で改変するのは問題があります。

というのは、wwwの有無によってWebページが表示されるかどうかは、Webサーバ側の設定によるからです(Apacheの場合)。

このブログは、http://www.mojipokke.jp/blog/http://mojipokke.jp/blog/と入力しても表示されますが、たとえば千葉大学や、東京大学のサイトは、wwwなしでは表示されません。(東京大学のサイトはWebブラウザの優先言語によって日本語と英語のページが表示されるような配慮がされているので、wwwなしでアクセスできないのには何らかの意図があるのかなと思いますが、どうなんでしょう?)逆に、ヤマト運輸のクロネコメンバーズのサイトはwww付きでは表示されません。

また、上の例は「http://」の場合で、最近のWebブラウザでは自動的に補完されるようになっているので省略しても大丈夫な場合がほとんどだと思いますが、オンラインショップ等のセキュアなサイトで使われるサイトで「https://」の場合は、組版の時点で改変(省略)すると問題が出ることがありますので、こちらも気にしておいたほうがいいと思います。

DVDレーベル面のデザイン

2010年3月27日 土曜日

妻と友人は昼前から外出したので、DVDレーベル面の印刷をする準備を進めました。

まずは印刷に使うアプリをどうするかということですが、プリンタ付属のDVD・ CDレーベル面プリント用のユーティリティは機能が不十分なので、どうしようかと思って検索してみたところ、付属のユーティリティでPDFにプリントしてそれをテンプレートにしてIllustratorから出力できるとあったので、この方法でやってみることにしました。

何回かテストプリント用の用紙を使って印刷範囲と位置の微調整をしたところ、問題なく印刷できたので、印刷はこの方法で行くことにして、レーベル面のデザイン作業をしました。

イントロ修正版の書き込み終了

2010年3月25日 木曜日

イントロ修正版の書き込み作業を進めました。

DVD Studio Pro(DSP)からDVDのイメージを書き出して、それをディスクユーティリティでDVD-Rに焼いているのですが、ディスクユーティリティは進行状況のダイアログを書き込み終了時に閉じないとそのまま残ってくれます。今までは終了時に閉じてしまっていたので作業の進捗をメモしながら進めていたのですが、閉じないまま画面上に残すようにしたら気分良く作業を進められるようになりました。

お昼過ぎには書き込み作業が終了したので、レーベル面を印刷するためにデザインに取りかかりました。

今日、久しぶりの方とのやりとりがありました。前回が良かったので、その時ほど躊躇せずにできました。嬉しかったです。

DTPとかWebとかのように時間軸のない(Webは多少はありますけれど)分野以外にも文字に対する意識がもっと広がってくれるきっかけになりそうな感じがしました。

イントロ修正版のオーサリングと書き込み

2010年3月24日 水曜日

昨日から修正を始めたイントロ素材は、若干の修正だったので昨晩中に修正を終えることができたので、その修正版を使ってDVDのオーサリングも再度行ってイメージに書き出す作業をしました。

夕方から足りなくなったDVD-Rを買いに外出して、夕食後から書き込みの作業を始めました。

DVD-Rへの書き込み終了。イントロ素材やり直し

2010年3月23日 火曜日

DVD-Rへの書き込み作業が終了しました。

で、できあがったものを確認したところ、イントロ素材に微妙な不備がみつかりました。修正しなくても問題ない程度のものだったのですが、やり直すことにて、イントロ素材の修正作業をしました。

ここのところ近所で工事があってその騒音が気になっていたのですが、昼間ならともかくあまりにも朝早く(6:30くらい)からの工事が続いていて、さすがにひどいだろうと感じたので「工事のお知らせ」にあった連絡先に問い合わせてみました。

工事の担当者によると朝早くの工事は今日、明日中には終わりますとのことでした。それくらいなら仕方ないかと思って電話を切ったのですが、昼休みに今度は現場の担当者が説明にやってきました。朝早くからの作業になってしまっていることのお詫びとその理由の説明と、今日、明日には終わるのでご協力をお願いします、とのことでした。

また早すぎる時間から作業が始まるようなことが無ければいいのですが。

今日も書き込み作業は順調に進みました

2010年3月22日 月曜日

今日もDVD-Rへの書き込み作業を進めました。

特に問題はなく、昨日同様に書き込み作業中は書道の練習をしました。

DVD-Rへの書き込みは順調

2010年3月21日 日曜日

今日もディスクイメージからDVD-Rへの書き込み作業は順調に進みました。

書き込み中には書道の練習とかをしました。

ひきつづきDVD-Rに書き込み

2010年3月20日 土曜日

内容のチェックをしながらDVDのイメージからDVD-Rに書き込む作業を進めました。作業は順調に進みました。