Apple Store銀座でMacBook Proの相談

MacBook Proのバッテリーがほとんど持たない状態になってしまったので、Apple Store銀座のGenius Barの予約をしてお昼過ぎに出かけました。

途中でRed Bullの試飲のキャンペーンをやっていたので飲んでみました。今まで勝手にスパイシーな印象を持っていたのですけれど、オロナミンCみたいな味なんですね。

Genius Barでは予約を入れた時刻から20分ほど待たされましたが、大型の液晶モニタに表示されていたTipsみたいなものがなかなか楽しめたのでそれほど苦にはなりませんでした。ただ、モニタのパネルが劣化しているようで汚くなっていたのはかなり気になりましたけど。

で、順番が回ってきて、バッテリーがほとんど持たなくなってしまっている事を伝えたら、バッテリーのチェックをするということで、USBに接続したiPod nanoから起動して、チェックツールを走らせました。その結果、全てのセルがだめになっていると言うことで、

  • 3ヶ月保証の新品と交換で¥10,920(税込)、不良バッテリーは回収
  • 1年保証の新品(リテールと同じもの)で¥15,800(税込み)だったかな?

のいずれかでの対応になるとのことでした。迷いましたが、3ヶ月保証のものでも再度不良になった場合でも今回の交換サービスは受けられるということだったので、こっちにしてみました。

予定よりも時間がかかってしまったので、大急ぎで読売書法展のサンシャイン会場の展示を観に移動。今回は有楽町線で東池袋駅を使ってみることにしました。

サンシャイン会場は、国立新美術館の展示と比較するとどうしても狭く感じてしまいます。離れて観ることができなくて残念なものもあったりします。芳翠先生の晩年の楷書作品の筆法に挑んでいるものもあり楽しめました。

帰りにいくつかのお店に立ち寄り、明日からの夏期書道大学に備えて早めに帰りました。

コメントをどうぞ

*