2009年8月 のアーカイブ

次の素材の取り込み作業

2009年8月31日 月曜日

明け方までかかって、4つの素材のDVDオーサリングを終えました。

台風が再接近する前に自宅用の小物を買いに外出して、戻ってきてから次のSD素材の取り込み作業を始めました。

展覧会めぐり 

2009年8月30日 日曜日

午後から、投票に行きました。今回もこの間の都議選と同様に投票所で若めの人をよく見かけました。

読売書法展(池袋のサンシャイン・六本木の国立新美術館)と21_21 DESIGN SIGHTの「骨」展を観に行きました。

読売書法展のサンシャイン会場は、作品云々と言うよりも会場が狭いのが気になりました。隣の作品との間隔もほとんどないうえに作品との距離もとれないような展示で、折角の作品の良さを損なってしまっているのが残念でした。せめて国立新美術館の展示くらいの余裕がほしいですね。

書海社から出品されている方々をメインに、他の会の方の作品も意識して観て回りました。基本的に筆の動きが素直なのが好きです。荒々しいのはやっぱりまだ苦手ですね。

「骨」展のほうは、山中俊治さんのディレクションということで楽しみにしていたものです。

デザインとエンジニアリングが融合した作品が多かったので、とても楽しめましたが、ベンチのフレームにかかる力を可視化するMongoose StudioGalvanic Frame(制作過程があります)という作品が気に入りました。構造体にかかる通常は見ることのできない力を実際に目で見ることができるというのは不思議な感じがしました。構造によって、3つあったベンチそれぞれで力のかかる場所が大きく違っていたのも興味深かったです。

takram(音声注意)のPhasmaが調整中ということで、動くところを観られなかったのはとても残念でした。

編集の終わった素材をエンコード

2009年8月29日 土曜日

夕方までに編集の終わった素材から順にMPEG-2へのエンコードを始めました。

深夜に4つめのもののエンコードを始めることができました。明日の朝には出来上がっている予定です。

編集作業を引き続き

2009年8月28日 金曜日

今日もSD素材の編集作業を進めました。今回の素材もチャプターをお任せで付けることになっているので、作業はなかなか大変です。

しかも、MPEG-2のエンコード済みの素材にテロップの誤植が見つかったので、やり直しです。

SD素材の編集を再開

2009年8月27日 木曜日

今日から旅行前に終わらなかったSD素材の編集を再開しました。

先週末に納品したDVDのコメントが届きました。苦労して付けたチャプターの部分の評判が良かったようです。

三日目は小岩井農場

2009年8月26日 水曜日

三日目もいとこに案内してもらって、まず小岩井農場に行きました。今日も良い天気です。高校の時の修学旅行以来なので、20年ぶりくらいになります。

まずは、NHK朝の連ドラ「どんど晴れ」で登場して以来、シーズンには付近が激しい渋滞になるらしい一本桜をみました。桜の緑はきれいだったのですが岩手山に雲がかかっていたのがちょっと残念でした。

一本桜

それからまきば園へ移動して、園内をまわりました。羊や馬もいましたが、眺めのいい園内をふらふら歩くだけで十分楽しめました。途中でお土産を眺めていたら、小岩井の乳製品のパッケージに元同僚の作ったフォントが使われているのを見つけました。シリーズで使われているようです。忘れずにソフトクリームをいただいて小岩井を後にしました。

小岩井農場まきば園

次は盛岡手づくり村へ行きました。南部鉄器岩谷堂箪笥の工房がいかにも職人という感じでよかったです。南部鉄器の鋳型に模様をつけている作業とかは思わず見入ってしまう位でした。

盛岡冷麺をお昼に食べてから盛岡駅まで送ってもらい、お世話になったいとこにお礼を言って、駅の構内に荷物を置きに行きました。新幹線の時間まで、駅周辺をふらふらしていたら、「銀河鉄道のりば」という案内があったのでそれに沿っていくと、IGRいわて銀河鉄道の改札に着きました。

999を観て育ったので銀河鉄道観光とか銀河鉄道不動産とか聞くと、星の観光ができたり、星に住むことができるのか?とか思ってしまってにやけてしまいます。

それからお土産屋さんをしばらくふらふらしてから新幹線に乗りました。帰りははやてだったので、夕方のラッシュ前に帰ってくることができました。

東京も比較的涼しくて、帰り道の途中にある家の2階では、ベランダの手すりで猫が涼んでました。

二日目は三陸をまわって盛岡へ

2009年8月25日 火曜日

天気がよかったので朝食前に近所の散歩をして朝食を済ませてから、いとこに案内をしてもらいました。

東北自動車道→釜石自動車道で東和まで行き、釜石街道にはいりました。遠野で軽く休憩をしてから大槌に出て、そのまま45号線を北上して、宮古に行きました。途中、カーラジオから選挙関連のコマーシャルが流れたのですが、そこで党のアピールをしている党首の発音が普段聞いている発音ではないもの(東北方言を意識しているような感じだけど変な感じ)だったので、どんなふうに聞こえるか聞いてみたところやっぱり変な発音だということでした。

船越湾

宮古では、浄土ヶ浜を遊覧船で観光してから昼食をとり、小本で小本街道に入り岩泉にある龍泉洞を観光しました。

龍泉洞は小さい頃に観たことがあって、地底湖の吸い込まれそうな青い色がきれいだけど怖かったのを覚えています。で、大人になってからはどう感じるのか興味があったのですが、今回も吸い込まれそうな感じをすこし我慢して観てまわりました。

龍泉洞の地底湖

小本街道を西へ走り、盛岡へ向かいました。早坂峠はトンネルになっていてあっという間でした。旧道はとても難所だったそうで、夏でも走りたくないようなところだそうです。

日が暮れる頃に盛岡市内に入って、叔母のところへ挨拶をしに立ち寄って遅まきながら披露宴の写真を披露してきました。帰り際にいとこが仕事から戻ってきたので、少し立ち話しをして写真を撮りました。(父方の親戚はよく記念写真を撮ります)

今夜宿泊するつなぎ温泉まで、送ってもらい、明日の予定を確認して宿に入りました。

夕食をおいしくいただいて(今回も少し食べ過ぎな感じ)、温泉でゆっくりして早めに休みました。

岩手への旅行一日目

2009年8月24日 月曜日

涼しめの気持ちいい天気の中、父の実家のある岩手へ遅めの夏休みの旅行に出かけました。

昼過ぎに水沢江刺駅で新幹線を降りたときの風は懐かしい匂いでした。早速レンタカーを借りて観光へ出発しました。

夕方にはお墓参りの予定があるので、近場のえさし藤原の里に行ってみることにしました。

時代劇のロケ地としてよく使われているのでご存じの方もいるかと思いますが、全体を見て回るには2時間ほどかかるということなので、昼食をとってから見学しました。天気がよくて日陰では風も心地よくて、しかも平日なので人も少なくてゆったりと見て回ることができたのはよかったのです。でも思っていた以上に起伏があって足が疲れました。日本史の勉強をしていたらもっと楽しめたのだろうと思います。

えさし藤原の里

いまは叔父が住んでいる父の実家へ行って少し休んでから、お墓参りに行きました。小さい頃から何度も行っているのですが、自分で運転すると思っていたよりも近くてあっという間でした。もっと遠い印象があったんですけれどね。叔父からお墓を建てた頃の話を聞いたりしてから、お参りをして、レンタカーの返却といとこと合流するために駅に行きました。

いとこの車に乗って前沢まで行って夕食にしました。日が落ちてからは肌寒かったこともあって、すき焼きにしました。お肉も野菜もとてもおいしく、少し食べ過ぎました。

すき焼き

今日は父の実家に泊めてもらうことになっているので、みんなで戻りました。到着して車を降りて空を見上げると満天の星空でした。田舎なので街の明かりもなく空もきれいに晴れあがっていたので、いつになくたくさん見えました。もっと観ていたかったのですが、明日のこともあるのでほどほどにして、畑で明日の朝食用のトマトとなすを収穫してから家に入りました。

いくつかの連絡とSD素材の編集

2009年8月23日 日曜日

友人と妻が出かけるのを見送ってから、明日からの旅行のための連絡をしつつ、SD素材の編集を進めました。

残りの作業は、旅行から戻ってからになります。

昼は外出、夜は来客

2009年8月22日 土曜日

午前中は家のことを済ませて、午後からは以前から予定していた買い物をしに出かけました。

メインの予定は思っていたよりもスムーズに終わって、いくつかお店をのぞいてからお茶をしました。ちょうど午後のお茶の時間だったので少し待ちましたが、いいお茶でした。外はとても暑かったので、アイスロイヤルミルクティーがとてもおいしかったです。

他にもいくつかの予定を済ませて自宅に戻ったのは当初の予定よりも遅くなってしまったので、大急ぎで夕飯の準備に取りかかったのですが、作り終えて食べ始めたところで、友人が到着しました。

食事を大急ぎで終えてからお茶をしたら、近況報告とかいろいろと長話をしてしまい、深い時間になってから休みました。