FSFSでSubversionのリポジトリを作り直し

昨日は、Trac-jaの環境の再構築が、Subversion 1.6.3のconfigureのところで止まってしまったところで終わってしまったので、今日はその続きの作業をしました。

いろいろオプションを試したものの、うまくconfigureができないので、今まで使っていた1.5.5の次の1.5.6で再インストールする事にしました。

これまでは、Berkeley DBを使っていて、今回もオプションで指定したにも関わらず、エラーが出てうまくリンクしていないとのWarningが出るので、FSFSでリポジトリを作り直すことにしました。Berkeley DBは壊れやすいというような話もあるので、ちょうど良かったかなと思います。

Trac-jaのほうは特に問題なくインストールできて、プラグインの設定まで終えられました。

前回よりははやく復旧、というかバージョンアップを済ませることができましたが、ちょっとサーバ環境の更新頻度が多すぎな感じです。

コメントをどうぞ

*