2009年6月15日 のアーカイブ

後半部分のテスト版を作ってから渋谷へ

2009年6月15日 月曜日

スクリプトの後半部分を作りました。まだ未実装な部分もあるのですが、これでとりあえずAdobe-Japan1-6の全グリフをデザインするための環境のうちの一つが使えるようになりました。(Adobe-Japan1-2でもAdobe-Japan1-7でも対応可能です)

一応、実現可能だろうとは思っていたので取り組んでいたのですが、実際に思っていたような動作をしてくれたのでとてもうれしかったです。で、うれしくて、しばらく動作確認をしていたのですが、その最中にちょっとした操作ミスをしてしまって、テスト用に作ったグリフを少々削除してしまいました。

そんなこんなしているうちに、出かける時間になったので、南回りで渋谷に向かいました。少し早めに着いて軽く食事をしてから会場に向かいました。今回観たのはのBunkamura シアターコクーンで上演中の桜姫(現代版?のほう)。舞台は小さい頃に親に連れられて行ったくらいで、それ以来になります。

俳優さんが目の前で演じているのは、 テレビや映画とは別次元(別のベクトル?)なんだとあらためて思いました。ライブ演奏と録音された音楽の違い同様にダイナミックレンジが広いことを実感しました。笹野高史さんがあれほどまでにお元気な方だとは思っていませんでした。

帰りは、土砂降りの雨でした。自宅に帰ってしばらくしたらほとんど止んでいたので一番激しい時に帰ってきたようです。

帰宅後、早速、グリフを削除してしまわないようにスクリプトの修正をして、動作テストをしました。

『書海』6月号に競書の写真と評が掲載

2009年6月15日 月曜日

毎月、月例競書を出している『書海』誌の2009年6月号(Vol. 1018)に、提出した課題の清書の写真と評が掲載されました。

今回の評は

起筆にキレ有り、すっきりとした佳作

というものでした。

横画の起筆は少しずつ改善できてきたように感じていたので、よかったです。でも、左払いは相変わらずダメダメです。

いつものことながら、『書海』は銀座鳩居堂2Fの書道雑誌コーナーにあるので、お近くの方、ご興味のある方はどうぞ。清書の写真と評は51ページに掲載されています。

KV-29DX550の修理(縦方向の歪み)

2009年6月15日 月曜日

先週の木曜日(6月11日)にテレビ(KV-29DX550)の修理をしてもらいました。

2006年には、電源が入らなくなって「IC MCZ3001DB」の交換をしてもらったのですが、今回の症状は、映像が縦方向に歪むというもの。当初は、画面の一部のみに発生してしばらくすると歪みが解消されていたのでそのまま使っていましたが、とうとう一部の歪みが残ったままになってしまうようになってしまったので、修理してもらうことにしました。

で、今回は「電解コンデンサー470μF/50V」が不良だったことが原因ということで交換してもらいました。これでもうしばらくは使えそうです。