「北京故宮 書の名宝展」を観に江戸東京博物館へ

江戸東京博物館で開催中の「北京故宮 書の名宝展」を観に出かけました。

会場は思っていたほどは混雑していなくて、自由に観てまわることができました。行書とか草書をきちんと勉強すれば、鑑賞の時に自分なりのポイントみたいなものを持てるのでもっと楽しめるのでしょうけれど、行書の元の文字を当ててみるくらいしかできません。きちんと理解するには漢詩の知識も不可欠ですし、なかなか大変そうです。作品によっては、作品の白文(?)を活字で印刷してあったりしたので、何となくは分かったのですが、正字を使った方がより分かりやすいのでは?と思いました。

自宅へ戻ってからは、昨日買ってきた本に掲載されていた書道の作品を見ながら、練習をしました。

コメントをどうぞ

*