2008年8月 のアーカイブ

書海社夏季書道大学二日目

2008年8月31日 日曜日

昨日に引き続き、夏季書道大學に行ってきました。昨晩は早めに休んだのですが思った以上に疲れていたようで、朝は起きるのがかなりきつかったです。

今日の午前中は行書のクラスで、前半は王羲之蘭亭序の臨書をしました。昨日の仮名同様に、行書も初めてでしたがまだ楷書に近いのでどうにかできたような感じでした。後半は、松本芳翠先生のお手本を使いました。こちらのほうが洗練されていて好みなので、集中して練習しました。楷書のようにかっちりとしているわけではないのですが、柔らかめの線にあるハリみたいなものの感じを練習するのが難しいけれど楽しかったです。松本芳翠先生が書かれた埼玉県の児玉中学校の校歌碑の紹介のお話もありました。とても端正なので、機会があったら実物を拝見してみたいと思いました。

午後は草書で芳翠先生の解説付きのお手本を見ながら練習しました。行書以上に筆の背と腹に意識を集中しないといけなくてかなり大変なのですが、初めてでも分かりやすいように袋文字の中に筆の通る線が書いてあるので、それっぽく書くことができたかなと思います。

昨日のかな、今日の行書も草書も普段習っている楷書とは違う楽しさがありました。楷書では硬めの文字になってしまう傾向があるので筆を柔らかく使う練習をするとても良い機会になったと思います。2日連続で、9時過ぎから17時前くらいまでみっちり書道漬けのとても充実したワークショップでした。MGスクールのワークショップも1日受けるとくたくたになりますが、それ以上かもしれません。

書海社夏季書道大学一日目

2008年8月30日 土曜日

今日は、書海社の夏季書道大學という書道のワークショップ(?)を受けに神宮外苑にある日本青年館に行ってきました。学習科と研究科の2コースに分かれるのですが、学習科の方を申し込みました。

午前は「楷書基本帖の学習」ということで、松本芳翠先生の『楷書基本帖』(※)を使って、楷書の勉強をしました。講師の谷村雋堂(しゅんどう)先生が文字の解説をしてそれを半紙に書くという、大学で教えている内容に近いものだったようですが、その解説等は工学的な感じで面白かったです。『楷書基本帖』は書海社で書道を勉強するときの基本中の基本になる教科書なので、普段から眺めたりお手本にして文字を書くようにしているのですが、最近は普段課題(漢詩)の稽古とか競書の方ばかりになっていたので、あらためて基本の重要性を感じました。

※『楷書基本帖』松濤社/揮毫者 松本芳翠(銀座鳩居堂2Fの書道関連書籍コーナー等で購入できます)

午後は「仮名の学習」で、かなでした。前半は小筆で寸松庵色紙を書いてみるということだったのですが、かなも小筆も初めてだったので、まずは半紙で十分練習してから本番用の用紙に書きました。高野切の本は読んだことがあるので、何となく分かる部分もあった(ような気がする)のですが、仮名用の半紙を用意していなかったので本番用の用紙とは筆の感じがかなり違って、繊細な感じが全くないなんともひどいものになってしまいました。しかも書き上げた時には先生の添削の締め切り時間を過ぎてしまっていたので、どこが良いとか悪いとかも分からないで終わってしまいました。

後半は、半切(340mm×1350mm)の仮名を書く、という内容でしたが紙を用意していたかったので、休憩時間中に購入しました。講師の須賀彩雲先生の作品をお手本に半切に書く、というもので、こちらもまずは半紙に練習をしました。お正月の書き初めの時は楷書だったので、半紙での練習はかなり役立ったのですが、今回はかなで当然連綿(続け字)なので、半紙での練習は書き順とかの練習程度にしかなりそうになかったので、数回練習してから思い切って半切に書いてみました。

全くの初心者が、A4サイズに縮小コピーされたお手本を左において半切のサイズに書くという、かなり無茶なことでしたが、今回は先生に添削していただきたかったので、思い切って書いてみました。1回目はやっぱり用紙に入り切らなかったのですが、2回目以降は無理矢理ながら紙に収めることができて、3回目のものを添削していただきました。数カ所直していただきましたが、今日初めてにしては上出来ということで、丸もいただけました。

こんな感じで丸一日書道漬けでした。午後の仮名はどうなるかかなり心配でしたが、やってみるとなかなか、というかかなり面白かったので参加してよかったと思いました。

昨日から寝不足で夕方くらいからかなりぎりぎりな感じだったので、明日の2日目に備えてまっすぐ自宅へ戻って夕食を早めに済ませて休みました。

ようやく環境を構築できました

2008年8月29日 金曜日

文字コードのエラーを回避するために、Trac-jaをインストールし直すことにしました。MacPortsのPortfileは、trac-0.10.4-ja-1のものしかなかったので、trac-0.10.5-ja-1用のものを作って(といっても、バージョンとチェックサムを修正しただけですが)、インストールしました。
portindexで、portfileの再登録を確認してから、インストールしました。
# portindex
Creating software index in /Users/username/localports
Adding port devel/trac-ja

Total number of ports parsed: 1
Ports successfully parsed: 1
Ports failed: 0

# sudo port install trac-ja
---> Fetching trac-ja
---> Verifying checksum(s) for trac-ja
---> Extracting trac-ja
---> Configuring trac-ja
---> Building trac-ja with target build
---> Staging trac-ja into destroot
---> Installing trac-ja 0.10.5-ja-1_1
See http://projects.edgewall.com/trac/wiki/TracInstall for information on setting up a new trac environment.
---> Activating trac-ja 0.10.5-ja-1_1
---> Cleaning trac-ja

うまくインストールできたようなので、引き続き、trac-adminを使ってTracのプロジェクトを作りました。

# trac-admin /Users/username/trac/tractest initenv
Creating a new Trac environment at /Users/username/trac/tractest

Trac will first ask a few questions about your environment
in order to initalize and prepare the project database.

Please enter the name of your project.
This name will be used in page titles and descriptions.

Project Name [My Project]> tractest

Please specify the connection string for the database to use.
By default, a local SQLite database is created in the environment
directory. It is also possible to use an already existing
PostgreSQL database (check the Trac documentation for the exact
connection string syntax).

Database connection string [sqlite:db/trac.db]>

Please specify the type of version control system,
By default, it will be svn.

If you don't want to use Trac with version control integration,
choose the default here and don't specify a repository directory.
in the next question.

Repository type [svn]>

Please specify the absolute path to the version control
repository, or leave it blank to use Trac without a repository.
You can also set the repository location later.

Path to repository [/path/to/repos]> /Users/username/svn/tractest

Please enter location of Trac page templates.
Default is the location of the site-wide templates installed with Trac.

Templates directory [/opt/local/share/trac/templates]>

Creating and Initializing Project
Installing default wiki pages
/opt/local/share/trac/wiki-default/CamelCase => CamelCase
/opt/local/share/trac/wiki-default/InterMapTxt => InterMapTxt
/opt/local/share/trac/wiki-default/InterTrac => InterTrac
/opt/local/share/trac/wiki-default/InterWiki => InterWiki
/opt/local/share/trac/wiki-default/RecentChanges => RecentChanges
/opt/local/share/trac/wiki-default/SandBox => SandBox
/opt/local/share/trac/wiki-default/TitleIndex => TitleIndex
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracAccessibility => TracAccessibility
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracAdmin => TracAdmin
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracBackup => TracBackup
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracBrowser => TracBrowser
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracCgi => TracCgi
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracChangeset => TracChangeset
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracEnvironment => TracEnvironment
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracFastCgi => TracFastCgi
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracGuide => TracGuide
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracImport => TracImport
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracIni => TracIni
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracInstall => TracInstall
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracInterfaceCustomization => TracInterfaceCustomization
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracJa => TracJa
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracLinks => TracLinks
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracLogging => TracLogging
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracModPython => TracModPython
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracNotification => TracNotification
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracPermissions => TracPermissions
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracPlugins => TracPlugins
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracQuery => TracQuery
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracReports => TracReports
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracRevisionLog => TracRevisionLog
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracRoadmap => TracRoadmap
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracRss => TracRss
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracSearch => TracSearch
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracStandalone => TracStandalone
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracSupport => TracSupport
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracSyntaxColoring => TracSyntaxColoring
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracTermsJa => TracTermsJa
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracTickets => TracTickets
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracTicketsCustomFields => TracTicketsCustomFields
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracTimeline => TracTimeline
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracUnicode => TracUnicode
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracUpgrade => TracUpgrade
/opt/local/share/trac/wiki-default/TracWiki => TracWiki
/opt/local/share/trac/wiki-default/WikiDeletePage => WikiDeletePage
/opt/local/share/trac/wiki-default/WikiFormatting => WikiFormatting
/opt/local/share/trac/wiki-default/WikiHtml => WikiHtml
/opt/local/share/trac/wiki-default/WikiMacros => WikiMacros
/opt/local/share/trac/wiki-default/WikiNewPage => WikiNewPage
/opt/local/share/trac/wiki-default/WikiPageNames => WikiPageNames
/opt/local/share/trac/wiki-default/WikiProcessors => WikiProcessors
/opt/local/share/trac/wiki-default/WikiRestructuredText => WikiRestructuredText
/opt/local/share/trac/wiki-default/WikiRestructuredTextLinks => WikiRestructuredTextLinks
/opt/local/share/trac/wiki-default/WikiStart => WikiStart

Warning:

You should install the SVN bindings

---------------------------------------------------------------------
Project environment for 'tractest' created.

You may now configure the environment by editing the file:

/Users/username/trac/tractest/conf/trac.ini

If you'd like to take this new project environment for a test drive,
try running the Trac standalone web server `tracd`:

tracd --port 8000 /Users/username/trac/tractest

Then point your browser to http://localhost:8000/tractest.
There you can also browse the documentation for your installed
version of Trac, including information on further setup (such as
deploying Trac to a real web server).

The latest documentation can also always be found on the project
website:

http://trac.edgewall.org/

Congratulations!

Warningがでてますが、tracdでTracを起動してみます。

# tracd --port 8000 /Users/username/trac/tractest

で、WebブラウザでTracのURI(http://localhost:8000/tractest)にアクセス。
すると…、Tracのページにはなるものの、エラーが表示されてしまいました。

Oops…
Trac detected an internal error:

If you think this really should work and you can reproduce it, you should consider reporting this problem to the Trac team.

Go to http://trac.edgewall.org/ and create a new ticket where you describe the problem, how to reproduce it. Don't forget to include the Python traceback found below.

TracGuide — The Trac User and Administration Guide
Python Traceback

Traceback (most recent call last):
File "/opt/local/lib/python2.5/site-packages/trac/web/main.py", line 406, in dispatch_request
dispatcher.dispatch(req)
File "/opt/local/lib/python2.5/site-packages/trac/web/main.py", line 191, in dispatch
chosen_handler = self._pre_process_request(req, chosen_handler)
File "/opt/local/lib/python2.5/site-packages/trac/web/main.py", line 263, in _pre_process_request
chosen_handler = f.pre_process_request(req, chosen_handler)
File "/opt/local/lib/python2.5/site-packages/trac/versioncontrol/api.py", line 73, in pre_process_request
self.get_repository(req.authname).sync()
File "/opt/local/lib/python2.5/site-packages/trac/versioncontrol/api.py", line 94, in get_repository
((self.repository_type,)*2))
TracError: Unsupported version control system "svn". Check that the Python bindings for "svn" are correctly installed.

エラーの通り、Python bindingsがうまく動いていないようなので、Trac-jaとsubversion-python25bindingsをアンインストールして再インストールしました。

# sudo port uninstall trac-ja
Password:
---> Deactivating trac-ja 0.10.5-ja-1_1
---> Uninstalling trac-ja 0.10.5-ja-1_1

# sudo port uninstall subversion-python25bindings
---> Deactivating subversion-python25bindings 1.5.0_1
---> Uninstalling subversion-python25bindings 1.5.0_1

# sudo port install subversion-python25bindings
---> Fetching subversion-python25bindings
---> Attempting to fetch subversion-1.5.1.tar.bz2 from http://subversion.tigris.org//downloads
---> Verifying checksum(s) for subversion-python25bindings
---> Extracting subversion-python25bindings
---> Configuring subversion-python25bindings
---> Building subversion-python25bindings with target swig-py
---> Staging subversion-python25bindings into destroot
---> Installing subversion-python25bindings 1.5.1_0
---> Activating subversion-python25bindings 1.5.1_0
---> Cleaning subversion-python25bindings

# sudo port clean trac-ja
Password:
---> Cleaning trac-ja

# sudo port install trac-ja
---> Fetching trac-ja
---> Verifying checksum(s) for trac-ja
---> Extracting trac-ja
---> Configuring trac-ja
---> Building trac-ja with target build
---> Staging trac-ja into destroot
---> Installing trac-ja 0.10.5-ja-1_1
See http://projects.edgewall.com/trac/wiki/TracInstall for information on setting up a new trac environment.
---> Activating trac-ja 0.10.5-ja-1_1
---> Cleaning trac-ja

再びTrac-jaのプロジェクトを設定して、tracdでサーバを起動して、
# tracd --port 8000 /Users/username/trac/tractest

WebブラウザでTracのURI(http://localhost:8000/tractest/)へアクセス。今度はうまく動きました。

tracdでの起動が確認できたので、mod_pythonで動作させるための設定をします。

Apache2を停止して、httpd.confに以下を追記しました。


SetHandler mod_python
PythonInterpreter main_interpreter
pythonHandler trac.web.modpython_frontend
PythonOption TracUriRoot /tractest
PythonOption TracEnv /Users/username/trac/tractest

Apache2を再起動して、Trac-jaのURIにアクセスします。(Apache2はMac OS X標準のApacheと共存させるためにポートを8080にしてあります)

http://localhost:8080/tractest/

すると、エラーが出てしまいました。

Internal Server Error

500 Internal Server Error (The user root requires read _and_ write permission to the database file /Users/username/trac/tractest/db/trac.db and the directory it is located in.)

TracGuide — The Trac User and Administration Guide

どうやらtrac.dbのパーミッションがおかしいようなので、このファイルを含むディレクトリのユーザをwwwに変更します。
# sudo chown -R www trac
Password:

Apache2を再起動して、TracのURIにアクセス。

http://localhost:8080/tractest/

今度はきちんとTracのトップページが表示されました。なお、パーミッションの変更を行ったので、スタンドアローンのtracdで起動した場合(http://localhost:8000/tractest/)はエラーが出るようになります。

お昼過ぎころまでにはここまでの作業を終えることができたので、部屋の片付けをして夕方から渋谷にでかけました。約束の時間まで家で使う小物とかを探して、ちょっとした報告会に顔を出したのですが、割り当てられた作業(?)を消化するのに精一杯でした。会場の都合で場所を移動してお茶をしながら続きの話をしていた時、気がつくと外はどしゃ降りの雨。渋谷駅に着くまでに裾も靴も水浸しになってしまいました。

少し戻ってやり直し

2008年8月28日 木曜日

手動でコンパイル、インストールをしたmod_pythonがApache2でうまく動いていない問題ですが、手動でインストールしたものをアンインストールしてから、ソースを修正したものをMacPortsでインストールし直すことでうまく動きました。

# sudo port install mod_python25
---> Activating mod_python25 3.3.1_0
Error: Target org.macports.activate returned: Not a directory
Error: Status 1 encountered during processing.

Errorがでているのですが、とりあえずActivateはされているのでこのまま様子を見ようと思います。

次に、mod_pythonの動作テストをしました。mod_python マニュアルの2.4 テストに従って、Apache2のhttpd.confの設定を書き換えて、mptest.pyをWebサーバのディレクトリにおいて、Webブラウザでアクセス…。

またダメだったらどうしようかと思いましたが、きちんと「Hello, World!」が表示されました。Apache2のログを確認しても問題ないのでmod_pythonはきちんと動いているようです。

どうにかTracをインストールする直前までたどり着けたので、邪魔になってきていた髪を切りに外出しました。今回は話に聞いていたアロマコースというものを試してみました。アロマシャンプーを使って洗ってもらうのですが、少し香りが強めに感じましたがいい気分転換になりました。

髪もさっぱりしていい感じだったので、自宅に戻って引き続きTracのインストールをしました。Trac 0.12からは、標準で日本語が使えるようになるようなので、日本語版のTrac-jaでないTrac 0.11をインストールしてみたのですが、trac-adminでTracのプロジェクトを作成する時に文字コード関連のエラーが出てしまって手こずりそうだったので、Trac-jaにすることにしました。

# trac-admin /Users/username/trac/tractest initenv
Traceback (most recent call last):
File "/opt/local/bin/trac-admin", line 8, in
load_entry_point('Trac==0.11.1', 'console_scripts', 'trac-admin')()
File "/opt/local/lib/python2.5/site-packages/trac/admin/console.py", line 1295, in run
return admin.onecmd(command)
File "/opt/local/lib/python2.5/site-packages/trac/admin/console.py", line 120, in onecmd
line = to_unicode(line, encoding)
File "/opt/local/lib/python2.5/site-packages/trac/util/text.py", line 59, in to_unicode
return unicode(text, charset, 'replace')
LookupError: unknown encoding: X-MAC-JAPANESE

環境の構築は少し前進

2008年8月27日 水曜日

Tracを動かすために必要なmod_pythonのインストールに手こずっていた件ですが、ようやく解決方法にたどり着くことができて無事(?)にインストールをすることができました。

MacPortsのport installではどうしてもうまくいかなかったので、まずは手動でコンパイルをしてみました。
# sudo ./configure --with-apxs=/opt/ocal/apache2/bin/apxs
# sudo make

すると、エラーがでてmakeできません。
apxs:Error: Command failed with rc=65536
.
make[1]: *** [mod_python.so] Error 1
make: *** [do_dso] Error 2

このエラーの原因は、mod_pythonのAPR関連の箇所にあるバグ(?)のようで、「APR 1.3.2 と mod_python 3.3.1 の組み合わせでビルドエラー」を参考に、mod_python 3.3.1のsrc/connobject.c の L.142 にある「APR_BRIGADE_SENTINEL(b)」を「APR_BRIGADE_SENTINEL(bb)」に修正して、再度makeしました。

Now su and make install
(or, if you only want to perform a partial install,
you can use make install_dso and make install_py_lib)

今度はいくつかWarningは出たもののErrorはなく、makeできたので、make installしました。
# sudo make install

mod_pythonのインストールができたので、Apache2のhttp.confに
LoadModule python_module modules/mod_python.so

を追記して、mod_pythonの動作テストをしましたが、「500 Internal Server Error」が出てうまく動きません。Apacheのログをみると、Pythonのパスが以前インストールしたバージョン2.4の方になっているのが原因のようです。

なかなかすんなりとはいきません。

情報を探しながら環境の構築

2008年8月26日 火曜日

TracSubversionを使ったバグ管理・バージョン管理の環境の構築ですが、MacPortsでのmod_python25のインストールに手こずってしまって深みにはまってます。直面している問題に近いものがWeb上にいくつかあるのですが、まだうまく行ってません。

予想以上に時間がかかってしまっているのですが、TracとSubversionを使った環境は今後の制作にも大きく関わってくるので、どうにか構築にこぎつけたいです。

雨の中いろいろ用事を済ませに外出

2008年8月25日 月曜日

雨がほぼ上がったようだったのでいろいろ用事を済ませるために外出しようと思ったら、クロスバイクのタイヤが激しくパンクしていたので、まずは近所の自転車屋に持ち込んでから、歩いて銀行とか郵便局まで行き用事を済ませ、タイヤ交換の終わったバイクを引き取って帰ってきました。

雨は降ってくるし予想以上に時間がかかってしまって、再開したTracのインストールはほとんど進められませんでした。

アクリル板を加工して硯のカバーを作成

2008年8月24日 日曜日

書道の練習をする時には、墨汁ではなく硯で墨をすって使っているのですが、調子が出てきた時に練習を中断したくないので多めに作っておくようにしています。

作った分を使い切れないことが時々あって、墨が蒸発しないようにラップを使ったりしているのですが、硯のカバーがあると便利かなと思ってました。で、今日は涼しかったので、厚さ3mmの透明アクリル板を切り出すところから作ってみました。

アクリル板をカットして接着するのは、中学生の時に電子工作の筐体を作ったとき以来なうえに、今回は内側の墨が見えるように透明なアクリル板だったので、きれいに作れるか少し心配でした。

各パーツの切り出しも研磨も接着もほぼ問題無くできて、まぁまぁ満足できるものができました。これで机の書道の道具を置いてある辺りが少しはすっきりできます。

透明アクリル硯カバー

取り寄せた本を読んだり

2008年8月23日 土曜日

すっかり秋らしい天気と関係あるのか分かりませんが、本を読んだりしました。

取り寄せたばかりの『脳の中の幽霊』という本なのですが、どんな本かはアマゾンにたくさんあるレビューをご覧いただければお分かりいただけると思います。

分かりやすい感じなので、一気に読めそうです。

カードリーダで交通費管理

2008年8月22日 金曜日

ソニーのUSB接続FelicaカードリーダのPaSoRi(RC-S320)とMac用のリーダソフトウェアのSaPoRiで、MacでもSuica等の履歴を読み出せるということだったので、煩雑になりつつある交通費の管理を楽にしたかったので今週初めに導入してみました。実は、以前実家に帰った時にVAIOに標準で装備されているものを使ってみてかなり便利だと感じたのが一番の理由なんです。リーダのRC-S320が思っていたよりも低価格だったというのもありますが。

Windows版の標準で添付されているソフトウェアの充実度に比べると機能は少ないのですが、SFCard Viewer相当の機能があるので、日付、駅名、金額がデジタルデータとして管理できるというだけでも、導入したメリットは十分すぎるほどです。

XcodeMacPortslibpasori等の準備が必要になりますが、SaPoRiのヘルプに1ステップごとのとても丁寧なインストール手順があるので、Macユーザで交通費管理を楽にしたい方は導入してみる価値はあると思います。