2008年1月 のアーカイブ

タイププロジェクトでの活動を終了しました

2008年1月31日 木曜日

すでにメールでのごあいさつが届いている方もいらっしゃるかと思いますが、2005年7月から参加していたタイププロジェクトでの活動を終了しましたのでご報告します。

タイププロジェクト日記のほうが2007年12月31日以降更新されていないことからもお分かりかと思いますが、実際には2008年1月から活動を停止している状態でした。

今までタイププロジェクトでの活動を応援してくださっていた方やこれからを楽しみにしていただいていた方の期待に結果としてお答えできなくなってしまったことについては、お詫びしたいと思います。

このような決定に至った理由はいくつかありますが、文字作りにはごく当たり前の姿勢で向き合っていたいというのが一番の理由です。

これからは、ここ「もじぽっけ」でやってみたいこと、その他にも文字関連でいくつかやってみたいことがあるのですが、それらをメインにやっていこうと思っています。このブログを読んでいただいている皆さんも含めていろんな方々のお力を借りることもあるかと思いますが、これからも変わらないご支援をいただきますようよろしくお願いいたします。

写真整理と片付けと小物さがしとおでん

2008年1月30日 水曜日

昨年末のMGスクール10周年の記念パーティで撮った写真を整理して部屋を片付けてから、小物をいくつか探しに出かけました。

今日は用事があって実家に行かないといけないので、そのついでにこれ!と思うもののチェックをしておいて、アパートに戻る時にささっと買って帰ろうという計画です。

で、実家へ戻って家族と一緒に夕食をいただいたのですが、おでんでした。自宅ではほとんどおでんをしないのに、なぜか先週末から続いていて、やっと昨晩食べ終えたところでまたおでんです。今日、出かける前に夕食は他のものにしてもらうように連絡しようか迷ったんですけどね。連絡しなかったことが裏目に出ました。

参考書を見ながらテスト環境の構築

2008年1月29日 火曜日

OpenTypeフォントを作る時には「features」ファイルというものでフォントに関する様々な情報を設定するのですが、手作業で設定するととても手間のかかるものもあります。

同時に複数のフォントの制作をしていたり、別の作業をしていたりすると、その設定をするたびに頭のモードを切り替えなければいけなかったり、手作業なのでチェックを何度もしないといけなかったりと効率が悪くなってしまいます。今まではいくつも同時進行したりすることはほとんどなかったので、あまり困らなかったのですが、これからのことを考えると早いうちにどうにかしておいたほうがいい問題の1つだと思っています。

そこで、簡単に設定値を書き出したり修正したりできるようなものを作ってテストする環境の準備も少しずつ始めることにしました。文字書きのほうとうまくバランスをとりながら進められればと思います。

昨年末の忘れ物をお届け

2008年1月28日 月曜日

昨年末にお会いした時に渡し忘れたものを渡しに両国の佐藤さんの事務所へでかけました。年末にお会いしたばかりなのですが、日持ちがするものとはいえ、渡すのがあまり遅れても失礼だと思って、急遽都合をきいて出かけてきました。

佐藤さんとは、大学を卒業してすぐの頃から、かれこれもう10年以上のおつきあいになるのですが、年に1〜2度くらいのペース(?)でお会いするくらいで、こんなに短い間隔であったのは初めてです。もう少しお話をしたい気持ちもあったのですが、先にお約束をされていた方もいらしたし、寄りたいところもあったので、かなり短めの訪問で失礼しました。

机の上の資料の片付けと資料作り

2008年1月27日 日曜日

散らかしたままだった机の上の資料とかを片付けて、これから必要になりそうな文字関連の資料を作り始めました。大まかなところは以前に作ってあったのですが、このまま曖昧なところを残したまま進めてしまうと後で面倒なことになるので、チェックと修正を何度か繰り返して、安心して使えるものにしようと思います。

と思ってチェックを始めたらすぐに問題点を発見してしまいました。やはり何回もチェックをしないとちゃんとしたものにはなりませんね。チェックの方法も何か工夫をした方が良さそうです。

家のことと調べものといつもと違うスーパー

2008年1月26日 土曜日

朝からちゃんと活動をして家のことをいろいろ済ませてから遅めの朝食にしました。それから、文字作りに必要な資料とか調べものとかをしました。

夕方からは、いつも使っているのとは逆方向のスーパーへ夕食の食材を買いに出かけました。ごく普通のスーパーなんですが、置いてあるものが少しずつ違っていたり珍しいものとかがあったりと発見があったりしました。忙しい時に要領を得ないところへ行くのは大変ですが、たまには身近なところで小さな発見があるのもなかなか楽しいものだと思いました。

書海社展と松本芳翠展

2008年1月25日 金曜日

上野の東京都美術館で1月27日(日)まで開催中の第57回書海社展と併催の松本芳翠展、書海千號回顧展を観にお昼過ぎから出かけました。

まずは、松本芳翠展の展示を観ました。書道の教室にもいくつか松本芳翠先生の作品が飾ってあるのですが、これだけ沢山の作品を一度にしかも間近で観られることは滅多にないことだと思うので、とても楽しめました。書き初めの作品もあったので、昨日書いた自分の作品のことを思い浮かべながら観ました。

それから、競書雑誌の『書海』が1000号ということで、かなり昔のものの展示とかがありました。若い頃の松本芳翠先生の字とか写真があったりして、とても興味深かったです。大正時代に創刊して1000号まで発行したことはとてもすごいことですが、それが今も続いているということに感謝です。

最後に、書海社展を観てまわりました。同じ教室の方が賞を取られていたので、うまいと感じたのは当然だったんだなぁと納得したりしました。今回はじめて教育部(学生?)の方も観たのですが、うまい人は歳に関係なくうまいんだなぁと思ったのと、おおらかでいいなぁと思いました。僕の場合は、緊張し過ぎて硬い文字になってしまうので、自分を振り返るいい機会になりました。

もう少しゆっくり観ていたかったのですが、打ち合わせの約束があったので場所を移動してお茶をしながらお話。今のところは大きな障害はないようなので、とりあえずは一安心です。

二度目の書き初めを書いて書道の稽古へ

2008年1月24日 木曜日

新しい墨を用意してから「春」の練習をしばらくして、書き初め用の紙に書き始めました。

書くごとに少しずつバランスとかを修正をしながら何枚か書いて、その中から2つを提出用に選んで名前を書いて仕上げてから、いつもの半紙の宿題に取りかかりました。でも、書き初めの方で精一杯だったので、こちらのほうはかなりダメダメな出来でした。筆が書き初め用のものに比べるとかなり細いので感覚がよくわからなくなってしまったりでどうにもなりませんでした。

書き初めの方は、先生にみていただいたところ、基本的には問題なしと言っていただけたのですが、邑(おおざと)のバランスの取り方がおかしかったので、詳しく教えていただきました。今日の半紙の課題の方は、その教えていただいたばかりの邑が出てきたので、次回までに時間を作って書き初めに再度チャレンジしようと思います。って、もう全然書き「初め」じゃないですね。

雪が降るのを眺めながら春をたくさん

2008年1月23日 水曜日

今日は天気予報どおりの雪。ふわふわと降ってくる雪をときどき見ながら、書き初めの課題の一文字めの「春」をひたすら練習しました。「春」のバランスはとても難しく感じるので、きちんと形を理解できていないんだろうと思います。

書き初めの課題の提出は今年一回めのお稽古の1月10日だったので、それに間に合うように書いて先生に見てもらったのですが、最後の一文字を思いっきり失敗してしまったのが残念で、もう少しちゃんとしたものにしたくて書き直すことにしました。

実際に練習を始めたら、すでに擦ってあった墨があやしい雰囲気。冬だから大丈夫かと思っていたのですが、さすがに1週間以上も室温で放置はまずかったようです。文字を書くたびに漂う普段とは異なるかおりに気を取られないように注意しながら練習をしました。明日はいつもの半紙の課題もあるので、そっちはどうなるんだ?という別の心配がありますが、できるだけがんばってみます。

ちょっとリッチなランチと午後のお茶

2008年1月22日 火曜日

急遽ランチの都合が付いたとの連絡があったので、近況報告とか文字の話をしに出かけました。せっかく予約してもらったちょっと上品な雰囲気のお店にあう話だったかは?ですが、ちゃんと報告ができたので良かったです。自然といろんな話で盛り上がってしまってあっという間に時間が経ってしまいました。

そのあとにはお茶の約束をしてあったので急いで移動して、こちらでも近況報告とか文字の話。とりあえず簡単な近況報告ということで時間を割いてもらったのですが、こっちでも話が盛り上がって予定していた時間よりも長くなってしまいました。

文字の話を楽しく、しかも率直に話せるのはとても嬉しいです。あまりに率直すぎて、たまに落ち込むこともありますけどね。